PRODUCTS

biRAPID
GaN三相インバータ回路ブロック
HGCB-6B-401120

MHz級の高周波駆動が可能なGaN三相インバータ

GaNSystems製GaN E-HEMTを6個搭載した三相フルブリッジインバータです。
およそA5サイズのフットプリントでスイッチング周波数最大5MHzでの動作が可能です。
また、センサ回路も搭載されており、電圧/電流のフィードバックが可能です。
三相フルブリッジインバータとしてだけでなく、チョッパ回路や単相インバータ回路としても活用できます。

MHz級の高周波駆動が可能なGaN三相インバータ

最大5MHzでの駆動が可能
24Vと5V電源、基板間配線、コントローラ等の準備で動作可能
接続変更によりチョッパ回路、単相インバータ回路も構築可能

オープンな構造

各部のテストピンで実験に便利
回路図を公開しており設計リファレンスとして活用可能

HGCB-6B-401120仕様

装置サイズ W: 209mm / D: 130mm / H: 125mm 突起物除く
質量 1.9kg
直流側電圧範囲 0V~400V P-N端子間電圧
交流側最大電流 ~12Arms スイッチング周波数によりディレーティングあり
交流側定格電力 4kVA
スイッチング周波数 ~5MHz
デッドタイム 30ns以上 デッドタイム生成機能非搭載 / 各レグ内での同時ON防止機能搭載
電圧センサ回路 400V / 4V ・P-N端子間電圧
・過電圧、不足電圧時にゲートブロック
・保護閾値はボリュームにて調整可能
電流センサ回路 ±50A / ±4V ・三相電流
・過電流時(ピーク)にゲートブロック
・保護閾値はボリュームにて調整可能
制御電源入力 5V 0.6Amax
制御電源入力 24V 0.8Amax

外部インターフェース

ゲート信号 Input 5V TTL / 負論理 / 入力部は4.7kΩでプルアップ
エラーリセット信号 Input 5V TTL / 負論理(リセット時Low) / 入力部は4.7kΩでプルアップ
エラー信号 Output 5V TTL / 負論理(エラー時Low) / 保護検出時出力
アナログ信号 Output 直流電圧センサ 1点 / 交流電流センサ 3点
エラー信号(エラーリンク機能) Input/Output 5V TTL / 正論理 / エラー情報を共有
リセット信号(エラーリンク機能) Input/Output 5V TTL / 正論理 / リセット情報を共有

ディレーティング

機能ブロック図