PRODUCTS

大電流システム用 直流回生電源
biATLAS-D80

使い勝手を極めた直流回生電源「biATLAS-D」に
大電流システム版が誕生

5kW 単位で組み合わせる拡張性で幅広い用途に柔軟にご使用いただけます。
コンパクトボディで大電流を実現。48V の蓄電池の充放電システムやe- モビリティのシステム評価にご使用いただけます。

大電流±150A

1 台150A から最大3000A まで出力可能
2U 30kg のコンパクトボディで150A

48Vの蓄電池の充放電を、1 台で実現

絶縁双方向で充放電検査システムに使えます
e- モビリティのシステム評価に最適

バッテリー模擬に最適

バッテリー模擬が可能な確度・精度を実現
蓄電池を含む様々なシステムに使えます

コンパクトボディで±150A の大電流

小さく軽いbiATLAS-D の大電流システム版が登場。
大電流の電源は大型で重量のあるものが多い中、biATLAS-D80 はコンパクトボディで大電流を実現。
最大20 台接続可能で最大3000A まで出力可能です。
試験環境に合わせて低電圧・大電流領域で自由度の高い環境構築が可能です。
直流120Aまでの大電流直流回生電源biATLAS-D80:48V系や24V系に最適な動作範囲と小型で軽量な本体サイズを図示

48V の蓄電池の充放電を、1 台で実現する回生電源のエコシステム

1 台で0~80V、±150A、±5kW
2 台10KW で300A の高出力
直並列で最大100kW まで拡張
48V 系システムで±5kW の実力を発揮

48V の蓄電池の試験をする際には低い電圧で大電流を流すことができる電源と負荷が必要とされてきました。
biATLAS-D80 では、「小さい直流回生電源」をコンセプトに、絶縁双方向技術を活かし低電圧大電流の構成を実現しました。
これにより、負荷としていままで消費していたエネルギーを循環させることができます。

バッテリ模擬に最適

負荷に対しても安定に制御できる Real-Time Stabilizer を搭載
ブレない電源なら、再現性のあるデバックができる高精度センサを使用。
最大DC120Aの回生型直流電源biATLAS-D80:波形安定性に最もこだわってチューニングした実測波形

高周波絶縁方式を採用することにより
蓄電池の充放電システムを安全に構築できます

bi テクノロジーによりEV 用バッテリパック、産業用バッテリパックの充放電検査システムをbiATLAS-Dを使って構築することができます。
小規模で安価な充放電システムを構築されたい方におすすめです。
biATLAS-D のカスタマイズ品はバッテリパックに内蔵されたBMS と通信を行い、状態把握しながら充放電を行うことができます。
各充放電電源と通信を行い、バッテリの状態を把握しながら検査パターン通りの充放電制御を行います。
また各充放電電源から充放電電流、電圧の情報を取得して記録することが可能であり、トレーサビリティを確保した充放電検査を簡単に実現します。
直流120Aの回生電源biATLAS-D80:小型・軽量のため組合せも自在に可能で簡単にカスタマイズでき安価な自動バッテリー充放電システムを構築できます
おすすめの人

小規模な安価な充放電システムを構築されたい方
カスタマイズが容易な充放電システムをお探しの方

biATLAS-D80仕様

定格容量 ±5 kW (力行・回生)
運転モード 定電圧(CV) / 定電流(CC) / 定電力(CP)
交流入力:定格電圧 三相 AC 200 V(三相3線式)
交流入力:定格 50 / 60Hz
交流入力:力率 0.95以上
交流入力:効率 80%以上
直流出力:電圧範囲 DC 0.0~80.0V
直流出力:電流範囲 ±150.0 A
直流出力:電力範囲 ±5.0kW
重量 30kg
サイズ W430 x D770 x H88 mm(19インチラック2U相当)(突起部含まず)
外部通信 CAN / LAN
冷却方式 強制空冷
直並列可能台数 最大20台:並列20台・直列3台
※ 直列機能はオプションにて提供
※ 商品の外観、仕様は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

関連製品