ABOUT US

ヘッドスプリング

Who we are

ヘッドスプリングについて

ヘッドスプリングはパワーエレクトロニクス製品の開発・製造・販売事業および、新興国向け新エネルギー事業を手がける会社です。当社は、次世代パワー半導体(SiC、GaN等)を制御する技術を保有し、これまでに250件を超える受託開発を実施してきました。そして、これまで培った技術を基に、「使い勝手の良い理想的な直流回生電源 biATLAS-D」「選んで並べる 計測・制御自動化OS biPYXIS」「パワーエレクトロニクス向けラピッド・プロトタイピングツール biRAPID」を自社開発し、製造・販売を行っています。
今後は、業界の水平分業化による市場創造と新興国を中心にグローバル展開を行い、各国に必要とされるスマートエネルギー機器(太陽光発電・蓄電システム・電動車両・充電器等)の普及を目指します。私たちは単に電力変換器メーカーになるのではなく、汎用電力変換器を競争力の源泉(headspring)として、カーボンニュートラルやSDGsで求められるような商品やサービスを自社で企画し事業展開していきます。

Mission Mission

Mission

地球上のすべての人が、
電力の恩恵を受けられる社会の実現

21 世紀を迎えてから15 年を経たいま、グローバリゼーションの進展は著しく、国境を越えた技術、 産業、文化の交流は拡大の一途をたどっています。
一方、30 年前は50億人足らずであった世界の人口は現在では70 億人を超え、2050 年には100 億人近くに達すると予測されています。
人口の伸びが新興国に集中することから、食料・エネルギーなどの資源問題や環境問題、そして格差問題が顕在化し国際的課題となっています。その解決にあたっては、多くの企業・団体・学術機関等が、本質的かつ長期的な視点を持って協調し、力を結集しなければなりません。 私たちヘッドスプリングは、スマートエネルギー技術の開発と普及拡大により、「持続可能な循環型社会の創造」と、新興国における地産地消のエネルギーソリューションを提供し、「地球上のすべての人が、電力の恩恵を受けられる社会の実現」に取り組んでいきます。

Mission Mission

Open Works

ネットワークと企画力でお客様の新規事業立上げを推進

私たちは、様々な専門性を持つ技術者集団であると同時に、常にチャレンジ精神を持って事業創造を図る起業家マインドも持ち合わせています。そのため、技術をベースにしながらも、単独での成長路線にはこだらず、相互に強みを活かせる国内外の多くのパートナーと深い提携関係を築き、事業化に効果的な付加価値を迅速に最大化します。新規事業の立上げは通常リスクが大きく、決して容易ではありませんが、私たちの持つネットワークと高い技術力に裏付けされた確かな企画・提案力で、お客様の新規事業立上げを強力に推進します。

私たちが大切にする
4つの提供価値

ADVANCED TECHNOLOGY

ADVANCED TECHNOLOGY

次世代パワー半導体(SiC/GaN)を活用した高度なパワエレ技術を保有

パワーエレクトロニクス開発においては、様々な技術を組み合わせ、他の部分との折り合いを付けながら最適化しなければなりません。そのためには多くの知識と経験、ノウハウが必要です。私たちは、属人的になるパワーエレクトロニクス開発に必要とされる多岐にわたる技術を受託を通じてデータ化し、また、小型化、高効率化の切り札となる「次世代パワー半導体(SiC/GaN)」を活用することで、高度な製品を短期間に開発することができます。

COLLABORATIVE DESIGN

COLLABORATIVE DESIGN

高性能な電力変換モジュールの開発・提供

次世代パワー半導体を活用し、小型・高効率を追求し、異なる電気方式も対応した「電力変換モジュール」を製品化し、試験装置から次世代電力インフラ機器まで、さまざまな応用を実現します。

OPEN WORKS

OPTIMISED SYSTEM INTEGRATION

既存品を組み合わせたシステム最適化

最適なエネルギーシステムの設計・提案を行います。品質と価格を両立した製品(蓄電池)を国内外から選定して調達し、独自の信頼性評価や認証取得を行って活用し、次世代電力インフラの構築を進めます。

FOR THE FUTURE

FOR THE FUTURE

世界に40億人以上と推定される低所得層の継続的な発展支援

新興国には、国の電力グリッドから隔離された村が多く存在します。また、農業に使用される殆どの水はディーゼル・ポンプ等によって引き込まれています。私たちはこうした条件下にある地域にマイクログリッド・システムを開発したり、農業の生産性を上げるためにポンプだけでなく冷蔵庫や脱穀機等、様々な用途で利用できる汎用変換器を開発することで、新興国における積極的な展開を図っています。