headspring

Company Initiatives

SDGsの取り組み

ヘッドスプリングにおけるSDGsへの取り組み

ヘッドスプリングのミッションは「地球上のすべての人が、電力の恩恵を受けられる社会の実現」です。
これは、グローバルな視点で、産業発展や経済成長と環境配慮とを両立させ、すべての人の健康と快適な生活の実現を目指した、当社の事業に対する基本的なスタンスです。上記ミッションを目指した事業展開を通じて、当社は「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成に貢献します。

「SDGs(持続可能な開発目標)」は、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている、国際社会共通の目標です。 この中では、持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットが示されています。

再生可能エネルギーの効率的活用と広範な普及を目指した蓄電システム事業の展開

太陽光、風力を含む再生可能エネルギーの最大の弱点は、自然由来のエネルギー源であるために発電量が不安定なことです。不安定な再生可能エネルギーを最大限有効活用するためには、発電したエネルギーをいったん貯蔵する必要があり、その際に用いられるのが蓄電システムです。 ヘッドスプリングは再生可能エネルギー活用の核となる蓄電システムの製品開発と普及に取り組んでいます。また、ヘッドスプリングが保有するネットワークやソフトウェアの技術を用いて、VPP(バーチャルパワープラント)やEMS(エネルギーマネジメントシステム)の開発を進め、実証実験等に参画し、蓄電したエネルギーを有効活用する技術の開発にも取り組んでいます。

太陽光発電や蓄電池は直流ですが、家庭や工場等のコンセントは交流のため、直接接続することはできず、変換装置が必要となります。大規模なシステムになればなるほど、直流と交流の変換があちこちで必要となり、変換の都度、エネルギーのロスが発生してしまいます。再生可能エネルギーを有効活用するためには、変換ロスを低減することが重要です。 ヘッドスプリングは、電気エネルギーを変換する際に用いられるパワーエレクトロニクスと呼ばれる技術を強みとしています。特にSiCやGaNといった新しい半導体材料を使ったパワーデバイスを活用する技術を得意としており、これにより従来の装置よりも変換効率を高くし、エネルギーロスを低減することが可能です。

現在は、太陽光発電システムや蓄電システムなど再生可能エネルギーを応用するためのシステムは非常に高価で、補助金等がなければ、導入障壁が非常に高くなっています。ヘッドスプリングはこれらの機器の導入障壁を下げ、世界中の誰もが平等に、再生可能エネルギーを十分に活用し続けられる世界を目指しています。

新興国での農業事業者向けの
太陽光発電ポンプソリューション事業の推進

ヘッドスプリングでは、スマートアグリ事業を展開しています。その中でも、USFC(Universal Solar Farm Controller)は、農業事業者向けの太陽光発電ポンプソリューションにおいて、ポンプを最適に動かすために必要な重要アイテムです。このソリューションは、地下水を使った農地の灌漑用に使われていて、現在、インド等の新興国で導入が拡がっています。 インドは、人口の半分以上が農村部に住む農業大国です。干ばつが頻繁に起こるため、農地の灌漑事業が非常に重要です。これまでも、地下水汲み上げポンプによる灌漑ソリューションはありましたが、ポンプへの給電は、電力系統かディーゼル発電機が一般的で、電力供給の不安定さや、軽油価格高騰の影響を強く受けてしまうことが課題でした。そのような中で注目されているのが、非電化地域でも活用でき化石燃料を使わない、太陽光発電を電源としたオフグリッド型の灌漑ソリューションです。インド政府も「農家のエネルギー・セキュリティ&向上運動(KUSUM)」の中で、太陽光発電の導入とともに、この灌漑ソリューションへの置き換えを積極的に進めています。

こうした取組は、当社ミッション「地球上のすべての人が、電力の恩恵を受けられる社会の実現」の具体的な取組そのものです。

日本国内で太陽光発電といえば、住宅の屋根や、メガソーラーと呼ばれる大規模設備が目立ち、それらの多くは売電を目的として電力系統と接続されています。一方、新興国においては、太陽光発電は電力系統のない無電化地域に対応するためのソリューションでもあり、独立して必要な電力を届けることができる、フレキシブルな分散型電源システムとして活用されています。 USFCはこのような独立電源としての特徴を持つものであり、ポンプ以外にも、屋外冷蔵庫や脱穀機等への給電も可能な汎用性を備えています。これにより、再生可能エネルギーによるエコな農業を実現しつつ、食料供給の安定化にも貢献します。
現在、USFCの技術を農業以外のさらに広範な分野に活用することも検討しており、太陽光のクリーンなエネルギーをもっともっと広い用途で、より多くの方々に使っていただけるようにしていきたいと考えています。

TOP