NEWS

2022.02.01
プレスリリース

EV 双方向充電器の実証開始

 パワーエレクトロニクス製品メーカーのヘッドスプリング株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:星野脩、以下ヘッドスプリング)は、受配電設備メーカーの河村電器産業株式会社(本社:愛知県瀬戸市、取締役社長:水野一隆 以下河村電器産業)と「環境配慮型ワーケーションモデル創出会議」(座長 徳島文理大学 床桜英二教授)に関わる実証実験に参画し、2021年12月よりEV双方向充電器による電力融通の実証実験を開始しました。

 本実証実験は、徳島県三好市池田町馬場地区の廃校をワーケーション施設としてリノベーションした「ウマバ・スクールコテージ」を複数の住宅に見立て、太陽光発電、蓄電池、EVとエネルギーマネジメントシステム(以下、EMS)を接続し、効率的に各システムから電気機器へ電力供給することを目的としています。
 すでに2021年8月より、株式会社村田製作所様と株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所様の共同開発による、それぞれの蓄電池同士で“電気のおすそ分け“を実現するシステムの実証実験が行われております。
 今回開発したEV双方向充電器は、EVへの充電のみでなく、EVからの電力供給が可能となります。例えば、山の麓の太陽光発電設備で発電したエコな電力を、EVにより人と一緒に運んで山の上の施設で消費するといった、より柔軟で環境に優しい分散型のエネルギーシステムを構築することを目指しています。

プレスリリースは、【こちら】になります。