headspring
ご相談
製品
サポート

biRAPIDの特徴

パワーエレクトロニクス技術の難しさ

 パワーエレクトロニクス技術は、パワー半導体素子をスイッチとして使用し、そのオン・オフを高速に切り替えることによって、電圧・電流・周波数などを負荷となる機器や状況に合わせて制御する技術です。パワーエレクトロニクス技術によって高効率に電力変換を行うことが可能となるため、近年の電動化や脱炭素化の潮流の中で注目されています。

 パワーエレクトロニクス応用機器の開発では、センサ情報を高速・高精度に取得し、取得した情報をマイコンで処理し、スイッチング素子を高度に制御するといった複合技術が必要とされます。また、パワー半導体スイッチのオン・オフを高速に切り替えるために、ノイズが多く発生するため、ノイズ対策や最適なフィルタの設計が欠かせません。
 一方、製品開発の際には、原理試作、量産試作などのステップを通りながら製品化を実現しますが、パワーエレクトロニクスが複合技術であるために高い技術力を持つエンジニアが必要であり、開発を実施するにあたっても1次試作、2次試作とそのコストと時間が大きく負担となります。  そこで、ヘッドスプリングは「パワーエレクトロニクスにおける開発を少しでも早くするためにどうすればよいか?」という課題に着目しました

エンジニアの悩みに答えるbi-RAPID

パワーエレクトロニクスの製品やシステムは、変換器、コントローラ、センサなどのパーツで構成されます。それぞれのパーツで、エンジニアの異なる悩みがあります。

これらの悩みを解決するために、ヘッドスプリングはパワーエレクトロニクスを構成する要素を各パーツに分割し、それをラピッド・プロトタイピング・ツール「biRAPID」として提供します。自分の欲しいところのパーツの「biRAPID」を購入することで、1つでも多くのステップを簡単かつ素早く乗り越えることができます。
biRAPIDの製品詳細はこちら
TOP