ヘッドスプリング株式会社 | 私たちは、地域特有のエネルギーを活かし、最適な地産地消のエネルギーシステムを提供します

Mail Magazine  |  

Contact  |  

English

PRODUCTS開発プラットフォーム

パワーエレクトロニクスの開発に特化した
製品開発向けプラットフォーム

開発プラットフォームは、研究開発から量産組込まで幅広いお客様に使用していただくべく、専門性と汎用性の両立をコンセプトに設計されています。開発に必要な機能をハイエンドなデバイスで構成し、十分な開発環境を構築できるようにするとともに、制御・デバッグに必要なツールも備えています。さらに、本製品の導入のみならず、お客様の製品開発フェーズや用途に合わせた、個別のコンサルティングやカスタマイズの受託開発も承っており、使い慣れた環境のまま長くお使いいただける製品です。

リーフレットダウンロード リーフレットダウンロード
製品開発フェイズの流れ

概要

  • ● 開発プラットフォームの主な製品
    • ・パワーエレクトロニクス開発用組込コントローラ
    • ・多ゲート出力対応組込コントローラ・パワーエレクトロニクス開発支援キット(HSLib、
      HSDT-GUI、HSDT Data Processor)
  • ● 回路ブロック、電気-光/光-電気変換ボード、電圧/電流センサボードなどの各種パーツと
    組み合わせることにより一連の開発環境を容易に構築可能
開発環境構築例

特徴

● パワーエレクトロニクスの制御開発に特化
当社パワーエレクトロニクスの技術者が実際に開発に用いているハイエンドなツールを製品化しました。制御設計、開発、実装までスムーズに実行できます。
● 必要な機能をライブラリ化
PWM、dq変換などパワーエレクトロニクスでよく使われるプログラムをライブラリ化しているため、アプリケーションの開発に専念することができます。
● リアルタイムモニタ
プログラムを止めることなくマイコンの内部変数をリアルタイムに読み書き可能です。
● マイコン/FPGAの開発を選択可能
コントローラには高機能なマイコンとFPGAが両方搭載されており、FPGAによる並列コード実行や特殊ゲートパルス信号の出力等が可能です。
● パワーエレクトロニクスの制御に必要なインタフェースを装備
PWM12本、デジタル入出力各16ch、AD変換16ch、各種通信(RS485、RS232C、USB-UART、CAN)等を搭載。汎用的なコントローラとして様々な開発に活用できます。

用途

研究開発用途

  • ● マイコンやFPGAを使った、電力変換回路やモータドライブの制御開発用途ための評価用の回路として。

研究開発用途

  • ● 製品試作時プロトタイプに組み込むコントローラとして。

製品組込用途

  • ● 量産製品に組み込むコントローラとして。

Q&A

マイコンを使わずFPGAのみで制御を構築することも可能ですか?
はい、可能です。
組込コントローラのインタフェースを変更することは可能ですか?
はい、可能です。なお、HECS-B/Aは2段の基板構成となっており、上段がCPU基板、下段がインタフェース基板となっています。上段はそのままで下段のインタフェース部についてのみカスタマイズを行うといった対応が可能です。
詳細につきましてはこちらよりお問合せください。
組込コントローラを自社製品に組込んで使用することは可能ですか?
はい、可能です。量産時の台数やライブラリ組込の際のライセンス費用についてはこちらよりお問合せください。
アカデミックプライスはありますか?
本製品にはアカデミックプライスがございます。お問い合わせください。