ヘッドスプリング株式会社 | 私たちは、地域特有のエネルギーを活かし、最適な地産地消のエネルギーシステムを提供します

Mail Magazine  |  

Contact  |  

English

RECRUITスタッフインタビュー

確実に成長できる環境、そして成長する会社

関本 智也 (2015年新卒入社)

関本 智也

なぜ、ヘッドスプリングに入社したのですか?

実際は、ヘッドスプリングを知りませんでしたが、HPを見て新卒向け会社説明会に行った時、社長の言葉に感銘を受けました。
ゼロから始めた会社で資源は限られているがアイディアや技術の可能性は無限で、新しい価値を生み続ける源泉(ヘッドスプリング)であり続けるという創業の想いや、会社としてのミッションが、社会に重要な意味を持つ事、そして、パワーエレクトロニクスの応用領域と可能性が広いという事。すべて、ワクワクするお話でした。

今、どんな仕事をしていますか?

グリスやヒートシンクの有効性を検証する仕事を担当しています。実際の製品に使えるのか?他の方法であったり、他のグリスを試す必要があるか?などを考察する仕事です。 また、正常な動作が出来ているかの確認など、製品テストのような仕事も担当しています。 ただプログラムを動かしてみるだけでなく、どういう事がでるかを予測し、電気回路図で確認しながら、 ゴールをイメージし、動作を自分の頭で見る業務です。ヘッドスプリングでは、すべてがこのように自分の頭で考えてから、自分の考えを発信する事の繰り返しです。

「大変だけど楽しい毎日!」

なんでもそうですが、相手に情報を正確に伝える大変さを日々実感しています。また、新しい事が多く、スピードもはやいベンチャー企業では、時間を有効に使うことがキーになると思いました。朝早く出社し、技術の勉強をしたり、前日の作業の復習をしたり、頑張っています。知識を身につけることは、楽な事ではないので、 日々使っていない機械をさわったり、常に発見を見過ごさないで自分の知識にすることが重要だと思われます。
まずは調べて実行することが、ヘッドスプリングのカルチャーです。これは自分の性分にあっており、同じ価値観で仕事に従事できるので日々楽しいです。
現在任されている仕事は、顧客に納品する製品に反映される重要な部分であり非常に責任があります。自分がやらなければ、先輩がやらなくてはいけない業務で、入社してもう自分にその業務を任せてくれることが、とても嬉しく、質の良い緊張感で仕事に臨んでいます。

「技術責任者の哲学がすごい!」

納得するまで、聞く!調べる !その環境がヘッドスプリングにはあります。とにかく、先輩たちが皆すごいです。特に技術責任者は、毎日とても忙しいのに、自分の質問や相談を きちんと聞いてくれ、しっかりと説明してくれます。技術者として経験や知識も豊富で、会社の経営の一翼を担う方なのに、自分のように知識がない人に技術や製品を教える時、難しい専門用語を避け、その人のレベルにあった接し方をしてくれ、分かりやすい言葉を使ってくれます。新人に対しても、気遣いや目配り、気配りがあり、驚くほど時間を有効に使われる方です。
また、技術の先輩が、毎日、日報のコメントをしっかりと書いてくれます。 「損得より納得を重視する」というヘッドスプリングの文化が、とても働きやすい環境をつくっていると思いました。

誰にも負けないと思うところ(長所)はどんなところ?

納得するまでやる。何事にもこだわる。新しいもの好き。ヘッドスプリングの求める人材に近いのかもしれません。 とにかく、考えてこだわっていきたいです。

これから挑戦してみたいことは?将来の夢は?

ゼロから回路設計がやってみたいです。そしてヘッドスプリングの技術革新に寄与したいと思います。 将来の夢は、幅広い知識を学べる環境でしっかりと幅広い知識を身につける。そして、ここだけは負けないとう専門領域を持っている。そんな技術者になりたいです。