ヘッドスプリング株式会社 | 私たちは、地域特有のエネルギーを活かし、最適な地産地消のエネルギーシステムを提供します

Mail Magazine  |  

Contact  |  

English

RECRUITスタッフインタビュー

世界中のみんながボーダレスにゲームを
できるようにできたら最高ですね

金沢 憲吾 (2016年4月入社)

金沢 憲吾

「わかりやすいビジョンと親しみやすい雰囲気に惹かれた」

“無電化村にマイクログリッドを建設して電力を届ける”・・・そんな社長の熱い想いに触れ、技術開発で社会貢献を行うわかりやすいビジョンに惹かれて入社を決めました。大学では医療や福祉の分野に関わる技術開発に携わっていたのですが、環境分野で社会に貢献できるような、ヘッドスプリングでの業務には大きな魅力を感じました。また、面接にうかがった時点で、先輩社員の誕生祝いに飛び入り参加させていただけるなど、全くよそよそしさを感じない職場の雰囲気も自分に合っていると感じました。

「成長が予想を超えている」

学生の時には、主にハードウェアと解析に関わっていたのですが、入社後の業務は、開発プラットフォームのライブラリ開発というソフトウェア開発で、最初は少し驚きました。それまでソフト開発への興味はあまりなかったのですが、携わってみるとその楽しさを実感できて、正直“くわず嫌い”だったと思います。パワーエレクトロニクス分野は、電気、電子、制御等の様々な分野において、そのハードもソフトも知らなければならず、大変だと感じることもよくありますが、一方でこれまで知らなかった新たな楽しさを発見できる面白さもとても大きいです。入社した頃の予想をはるかに超える会社の急激な成長とともに、自分自身の成長も感じることができる、そんな会社がヘッドスプリングだと思います。

「知らない世界へ挑み続け世界中とのつながりを実感したい」

職場全体に、技術分野の壁、業務内容の壁をあまり感じることのない“ボーダレス”な環境ですので、実際の国境を越えた活動への障壁が低いこともヘッドスプリングの特徴です。私は自分の知らない分野や知らない場所への興味が大きいですので、こういう環境で、是非いろんな壁を乗り越えて、知らない世界へ挑み続けたいと思っています。また、プライベートではゲームも大好きです。ヘッドスプリングで“世の中の役に立つ技術開発”を推し進め、世界のあらゆるところへ電気を行き渡らせたいですし、それによって世界中のより多くの人々がゲームも存分に楽しめるようにできると嬉しいです。ヘッドスプリングとともに私もボーダレスに世界中ともっとつながりを持って、さらなる大きな飛躍を目指したいと思います。