ヘッドスプリング株式会社 | 私たちは、地域特有のエネルギーを活かし、最適な地産地消のエネルギーシステムを提供します

Mail Magazine  |  

Contact  |  

English

RECRUITスタッフインタビュー

入社してから新しいことしかやっていないですね

大方 圭介 (2016年4月1日入社)

大方 圭介

「いろんな技術要素の組合せに魅力を感じた」

学生時代、機械系で主に制御関係の研究を行い、組込ソフト開発に携わりたいと考えていました。パワーエレクトロニクス分野は全くの門外漢でノーマークだったのですが、ハードやソフトも含め、いろんな技術要素が組み合わさっていることをヘッドスプリングで知り、様々な技術に携わり、自分の手で何かを作り上げていくことが、非常に面白そうだと感じました。電力分野は、あらゆる場所のあらゆる活動の土台を支えるインフラであり、そうした重要なものに関わること自体も大きな魅力ですし、何よりヘッドスプリングの先輩方は、きちんとこちらの話を聞いてくれた上で、違うときは違うときちんと言ってくれるので、ここでなら、技術や知識の蓄積をしながら、いろんなチャレンジをしていくことができそうだと感じました。

「常に新しいことに携わる楽しさ」

入社してからの業務は、正直、“新しいことしかやっていない”といっても過言ではないです。回路設計、評価からスタートし、現在はモジュール製品の組込ソフト開発をしています。大企業であれば、エンジニアの業務範囲が分かれているのが普通かもしれないですが、ヘッドスプリングでは、それぞれの開発案件にエンジニアが“一気通貫”で関わることが多く、自ずと広範な知識力と広い視野での判断力が養われます。また、機械と異なり電気は目に見えないため、特に計測技術も必要ですし、何よりいつも頭をフル回転させて考えながら開発を進めていくことが求められます。常に、新しいことを学びながら、手も頭も全力で動かさなければならず、大変な側面もありますが、私は、そんな日々の新鮮な発見をむしろ楽しく感じています。

「広く深く技術を習得し自分で考えて完結したモノを世に出したい」

趣味でやっている野球やサッカーでも、私はいろんなポジションを経験したいタイプなのですが、仕事でも、自分が関わる技術分野にはすべて関わり、すべて知り、出来ればすべて極めたいと思っています。その上で、多くの先輩方のように、より広い視野で全体を見渡すことができ、何か問題が起こったときでも、パッと見て課題や解決策が分かるようになりたいです。あと、自分で考えたものが、何らかの形で世の中に出ることを目指したいと思います。ピンポイントで1つの技術を極めてスペシャリストになることは私の1つの憧れですが、パワーエレクトロニクスはいろんな分野の技術の組合せなので、様々な技術の深掘りが必要です。ですので、1つではなく多くの技術を極めて、マクロとミクロの両方の見方を自在に操ることができるようになり、いろんなソリューションを次々と世の中に生み出していきたいと思っています。